渡辺源四郎商店とは




劇団員 プロフィール


  • 畑澤聖悟 Seigo Hatasawa 店主

     渡辺源四郎商店店主。劇作家・演出家。05年日本劇作家大会短編戯曲コンクールで最優秀賞を受賞。ラジオドラマの脚本ではギャラク シー大賞、日本民間放送連盟ラジオ娯楽部門最優秀賞、文化庁芸術祭大 賞などを受賞。現役の高校教諭であり、演劇部顧問として指導した県立青森中央高校が『修学旅行』にて05年全国大会最優秀賞受賞。顧問を離れ、劇作家として青森中央高校演劇部に書き下ろした『河童』も、08年8月全国大会で最優秀賞を受賞した。

     >>畑澤聖悟の略歴はこちら
    blog: 渡辺源四郎商店店主日記
  • 佐藤誠 Makoto Sato プロデューサー

     1996年より青森県内で俳優活動を開始。2005年に畑澤聖悟と共に渡辺源四郎商店を立ち上げると同時に、青年団へ入団。俳優としては青年団第52回公演『ソウル市民1919』(作・演出:平田オリザ)をはじめ、青年団に所属する演出家の作品などに多数出演。2010年からは東京デスロックにも参加している。並行して、演劇制作者として青年団、渡辺源四郎商店でのアート・マネジメント活動も精力的に展開している。

  • 工藤千夏 Chinatsu Kudo ドラマターグ

     1992年青年団入団、初演『北限の猿』(作・演出:平田オリザ)に出演。NYへの演劇留学を経て帰国後の2003年より青年団演出部に所属。 主宰する「うさぎ庵《での劇作、演出と並行して、渡辺源四郎商店のドラマターグとして活動、東京と青森を行き来している。
    >>工藤千夏の略歴、うさぎ庵の上演記録はこちら

    blog: うさぎ観察日誌
  • 工藤由佳子 Yukako Kudo


     2003年より劇団「弘前劇場《に所属。2005年退団。
    同年、渡辺源四郎商店開店準備公演『俺の屍を越えていけ』に俳優として参加。
    以来、多くの公演に出演している。


  • 工藤静香 Shizuka Kudo

     2000年に創設された劇団「夢遊病社《の初代メンバー。以後、同劇団のほとんどの作品に出演。RAB「スーパーギャング深夜同盟《にてレギュラー出演を務めた経験もある。04年の青森演劇鑑賞協会プロデュース公演『渡辺源四郎の一日』以来、畑澤聖悟作品の常連となり、『素振り』(作・演出:畑澤聖悟)の演技において、王子小劇場主催「佐藤佐吉賞07《優秀主演女優賞を受賞。08年4月、渡辺源四郎商店に入団後、『ショウジさんの息子』『修学旅行』に出演している。


  • 高坂明生 Akio Kousaka

     県立青森中央高校演劇部OB。2000年以降、畑澤作品 『召命』『定礎』『今日もいい天気』を経て、渡辺源四郎商店のメンバーとして活躍。 コミックバンド「アム《のメンバーとして、また、ソロで音楽活動も行う。
    アムmyspace/myspace.com/amcomixture


    blog: コーヒー・ポーク・ミュージック
  • 三上晴佳 Haruka Mikami

     県立青森中央高校演劇部OG。演劇部時代には『室長』『いちばん高い あの空よりも』『学級対抗』に出演。青森演劇鑑賞協会プロデュース公演『渡辺源四郎の一日』を経て、渡辺源四郎商店第3回公演『素振り』以降渡辺源四郎商店のメンバーとして出演多数。


  • 山上由美子 Yumiko Yamagami

     県立青森中央高校演劇部OG。演劇部時代には『修学旅行』『生徒総会06』『最終試験場の9人』に出演。ノミヤ役で出演した『修学旅行』は、2005年の高校演劇全国大会で日本一の栄冠に輝く。渡辺源四郎商店第4回公演『小泊の長い夏』以来、なべげんで演劇を続けている。


  • 工藤良平 Ryohei Kudo

     県立青森中央高校演劇部OB。演劇部時代に出演した『修学旅行』『生徒総会06』がともに高校演劇全国大会出場、『最終試験場の9人』は春季全国大会出場。3年次の『河童』も東北大会を勝ち抜き、本人卒業後の全国大会で最優秀賞を受賞した。07年には、青年団プロジェクト公演『隣にいても一人*青森編*』(作・演出:平田オリザ)のオーディションに合格、高校生カップルという新設定のために平田が戯曲を書き換えた。


  • 柿崎彩香 Ayaka Kakizaki

     県立青森中央高校演劇部OG。演劇部時代には『学級対抗』『修学旅行』『生徒総会05』に出演。カキザキ役で出演した『修学旅行』は、2005年の高校演劇全国大会で日本一の栄冠に輝く。08年6月、なべげんに入団。


  • 工藤貴樹 Takaki Kudo

     県立青森中央高校演劇部OB。演劇部時代には『修学旅行』に出演。ワダカズ役で出演した『修学旅行』は、2005年の高校演劇全国大会で日本一の栄冠に輝く。現役の自衛官である。08年6月、なべげんに入団。


  • 宮越昭司 Shoji Miyakoshi

     04年の青森演劇鑑賞協会プロデュース『渡辺源四郎商店の一日』(作・演出:畑澤聖悟)以来、『ケンちゃんの贈りもの』『夜の行進』『小泊の長い夏』と畑澤作品に多数出演。05年日本インターネット演劇大賞・優秀新人賞を受賞。07年の映画『素敵な夜、ボクにください』(監督:中原俊)など、映像作品への出演も多い。08年6月、なべげんに入団。


  • 秋庭里美 Satomi Akiba

     県立青森中央高校演劇部OG。渡辺源四郎商店第7回公演『修学旅行』よりなべげんに参加の後、入団。演劇部時代には『修学旅行』アキバ役を演じた本家アキバである。在学中は『学級対抗』『生徒総会』にも出演。アガサ・クリスティ、京極夏彦をこよなく愛するなべげん1番の読書家である。



  • 吉田唯 Yui Yoshida

    大阪府立四條畷高校演劇部卒。北海道大学時代には学生放送団体に所属し、札幌のコミュニティーFM局でラジオパーソナリティとして活躍した。自身が企画した特番「アニソンマラソン《は「2ちゃんね《にスレッドがたつほど話題となった。また新聞社で学生記者をしていた経歴も合わせ持つ。2009年4月より青森に赴任。実質の初舞台である『今日もいい天気』出演後、2009年12月より渡辺源四郎商店に入団。『ヤナギダアキラ最期の日』『修学旅行』と出演を重ねる度、着実にファンを増やしている。


  • 音喜多咲子 Sakiko Otokita

     県立弘前中央高校演劇部OG。畑澤が同校に転勤したときの教え子。『あゆみ』で2010年の高校演劇全国大会に出場し、優秀賞受賞。弘前大学教育学部卒。『エクソシストたち』の客演を経て、12年2月、なべげんに入団。


  • 奥崎愛野 Aino okuzaki

    県立青森中央高校演劇部OG。演劇部時代に出演した『私たちはサルではありません』が東北大会(2011年)出場。本人卒業後の全国大会(2012年)で最優秀賞を受賞した「もしイタ ・もし高校野球の女子マネージャーが青森の『イタコ』を呼んだら・《のイタコ、オリジナルキャストである。渡辺源四郎商店若葉支店 第1回公演『1/3の反逆』、渡辺源四郎商店第16回公演「オトナの高校演劇祭《の『修学旅行〜TJ Remix Ver.』(作:畑澤聖悟、演出:多田淳之介)、『河童〜はたらく女の人編』(作・演出:畑澤聖悟)出演を経て、2013年6月、渡辺源四郎商店に正式入団。


  • 小舘史 Hitoshi Kodate

    県立青森中央高校演劇部OB。東北大会(2011年)に出場した『私たちはサルではありません』、本人卒業後の全国大会(2012年)で最優秀賞を受賞した「もしイタ ・もし高校野球の女子マネージャーが青森の『イタコ』を呼んだら・《に出演。渡辺源四郎商店若葉支店 第1回公演『1/3の反逆』、渡辺源四郎商店第16回公演「オトナの高校演劇祭《の『河童〜はたらく女の人編』(作・演出:畑澤聖悟)出演を経て、2013年6月、渡辺源四郎商店に正式入団。『河童〜はたらく女の人編』の音楽シーンの要となった、その確かな歌唱力と美声には定評がある。


  • 佐藤宏之 Hiroyuki Sato

    2012年に公募で出演者を募集した世代交流あおもり市民劇『八甲田丸の1700万人』(作・演出:畑澤聖悟)に出演、船上結婚式を挙げるカップルを好演。渡辺源四郎商店若葉支店 第1回公演『1/3の反逆』、渡辺源四郎商店第16回公演「オトナの高校演劇祭《の『修学旅行〜TJ Remix Ver.』(作:畑澤聖悟、演出:多田淳之介)、『河童〜はたらく女の人編』(作・演出:畑澤聖悟)出演を経て、2013年6月、渡辺源四郎商店に正式入団。


  • 夏井澪菜 Miona Natsui

    県立青森中央高校演劇部OG。『最終試験場の9人』のみっちゃんのオリジナル・キャスト。『生徒総会06』『河童』『ともことサマーキャンプ』にも出演。弘前大学在学中に、青森大学演劇団「健康《活動再開記念公演『ロミオとジュリエット』(作:W・シェイクスピア、演出:柴山大樹)でジュリエットを演じた。渡辺源四郎商店プロデュース公演『河童』(2009 年)、『ともことサマーキャンプ』(2010 年)にも出演している。ASAHI ART FESTIVAL 2010/かれいざわアートICHIBA/渡辺源四郎商店番外公演『箱入り少女』(作:畑澤聖悟、演出:工藤千夏)出演を経て、2013年6月、渡辺源四郎商店に正式入団。


  • 松野えりか Erika Matsuno

    県立青森中央高校演劇部OG。青森中央短期大学看護学科卒業。演劇部時代に出演した『私たちはサルではありません』が東北大会(2011年)出場。本人卒業後の全国大会(2012年)で最優秀賞を受賞した「もしイタ ・もし高校野球の女子マネージャーが青森の『イタコ』を呼んだら・《のマネージャー、オリジナルキャストである。また、まだ高校生だった2010年、秋田県鹿角市の人権フェスティバルで渡辺源四郎商店が上演した『河童』にカイ役で客演している。世代交流あおもり市民劇『八甲田丸の1700万人』(作・演出:畑澤聖悟)、渡辺源四郎商店若葉支店 第1回公演『1/3の反逆』、渡辺源四郎商店第16回公演「オトナの高校演劇祭《の『修学旅行〜TJ Remix Ver.』(作:畑澤聖悟、演出:多田淳之介)、『河童〜はたらく女の人編』(作・演出:畑澤聖悟)出演を経て、2013年6月、渡辺源四郎商店に正式入団。




  • 我満望美 Nozomi Gaman

    県立青森中央高校演劇部OG。東北女子大学家政学部児童学科在籍。演劇部在籍中、全国高等学校演劇大会に2回出場(2012年『もしイタ』最優秀賞、2014年『翔べ!原子力ロボむつ』優秀賞)。春季全国高等学校演劇研究大会には1回出場(2013年『走れ!はしれメロス』)。『エレクトリック女子高生』東北大会(2014年優秀賞)に出演。本広克之監督の映画『幕が上がる』『幕が上がる、その前に』にも出演。F/T14『さらば!原子力ロボむつ〜愛・戦士編』、青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸世代交流市民劇3部作の出演で演劇部時代からなべげんとの共演は多い。『渡辺源四郎商店第22回公演『海峡の7姉妹〜青函連絡船物語〜』出演を経て、2015年7月、渡辺源四郎商店に正式入団。


  • 末安寛子 Hiroko Sueyasu

    県立青森中央高校演劇部OG。青森中央短期大学食物栄養学科在籍。演劇部在籍中、全国高等学校演劇大会に2回出場(2012年『もしイタ』最優秀賞、2014年『翔べ!原子力ロボむつ』優秀賞)。春季全国高等学校演劇研究大会には1回出場(2013年『走れ!はしれメロス』)。『エレクトリック女子高生』東北大会(2014年優秀賞)に出演。本広克之監督の映画『幕が上がる』『幕が上がる、その前に』にも出演。F/T14『さらば!原子力ロボむつ〜愛・戦士編』、青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸世代交流市民劇3部作の出演で演劇部時代からなべげんとの共演は多い。『渡辺源四郎商店第22回公演『海峡の7姉妹〜青函連絡船物語〜』出演を経て、2015年7月、渡辺源四郎商店に正式入団。


  • 野倉匡泰 Masahiro Nokura

    2014年1月の昭和通りコラボ劇場『昭子と和男の物語』(作・演出:ささきまこと)出演を機に、劇団「プロジェクト劇場戦線」(休止中)旗揚げに参加。『美野里山高校理科室部』出演、『粗忽夫人』脚本執筆。畑澤作品『海峡の7姉妹〜青函連絡船物語(ショートバージョン)』参加を経て、渡辺源四郎商店第24回公演『青森に落ちてきた男』に出演、渡辺源四郎商店に入団。




  • 木村知子   Tomoko Kimura

    県立青森中央高校演劇部OG。『ともことサマーキャンプ』のともこのオリジナル・キャスト。渡辺源四郎商店プロデュース公演『ともことサマーキャンプ』(2010年)に出演。なべげん日曜劇場『グヤーシュを探す〜ことば、からだ、こころ〜』(構成・共同演出:工藤千夏、演出:ティナ・ロスナー、振付:長内真里)出演を経て、2016年10月、渡辺源四郎商店に入団。他に、2015年、青森演劇鑑賞協会60周年記念公演『還暦の歌』(作・演出:沼沢豊起)、2016年、篠崎淳之介三回忌記念公演『大衆芝居花村鶴千代一座楽屋噺 灯り束ねて、幟り旗を-幸せ、あんださ- プロローグとエピローグのある五場』等に出演。